話題のPCメガネの効果と上手な選び方

パソコンを長時間使用したときに、目が疲れたと感じる方は多いのではないでしょうか。眼精疲労やドライアイの原因は、ブルーライトであるとされています。今回は、パソコンのブルーライトを遮断する効果があるPCメガネの効果をご紹介します。

ブルーライトは網膜を傷つける恐れも

パソコンやスマホから発せられるブルーライトは、人間が目にすることができる光の中でも波長が短く、強い光です。パソコンやスマホ、テレビのLEDディスプレイは省エネ効果があると人気ですが、実は多くのブルーライトを含んでいます。

紫外線が目に悪影響であると同様に、紫外線の次に強い光であるブルーライトも私たちの目、および身体に悪い影響を及ぼします。

ブルーライトは、眼精疲労を引き起こすのはもちろん、網膜にダメージを与えたり視力低下の原因になったりします。

そのほかにも、メラトニンを分泌させにくくして体内時計を狂わせるブルーライトは、不眠などの睡眠障害や生活習慣病を引き起こす恐れがあります。

PCメガネはブルーライトから目と体を守る

仕事などで長時間パソコンを使用する方であれば、ブルーライトがもたらす悪影響から目や体を守る必要があるでしょう。

そのような場合、PCメガネがおすすめです。PCメガネとは、パソコンやスマホから放出されるブルーライトをカットしてくれるメガネです。

ブルーライトを完全にカットすることは難しいですが、PCメガネを使用するようにすれば目の疲れが低減されるというメリットがあります。

パソコンで作業していた際に、目の奥がツーンと痛く感じた経験がある方なら、PCメガネから得られる眼精疲労を軽減する効果はとてもありがたいものでしょう。

もちろん効果の感じ方には個人差があるため、PCメガネをかけるよりも、パソコンの液晶ディスプレイの明るさを変更するほうが効果的だという方もいらっしゃるかもしれません。

現在、パソコンやスマホの使用は一般的なものとなり、もはや私たちの生活からは切っても切り離せないものとなっています。

ブルーライトの影響はすべて解明されている訳ではありませんが、ドライアイや眼精疲労などの目への悪影響や睡眠障害に陥らないためにも、PCメガネで事前に予防対策を講じておくことは賢明だと言えるでしょう。

PCメガネを選ぶためのポイントとは?

PCメガネを選ぶ際には、ブルーライトのカット率とフィット感から、自分にとって最適なメガネを選ぶと良いでしょう。

PCメガネには、ブルーライトを吸収するタイプのものと反射するタイプの2つの種類があります。

ブルーライトを吸収するタイプは、レンズカラーでブルーライトを緩和するメガネで、主にブラウン系カラーのレンズが使用されています。一方、ブルーライトを反射するタイプは、特殊コーティングされたレンズによってブルーライトを反射し、カットするメガネで主に透明のレンズが使用されています。

ブルーライトのカット率は各メガネ販売店によって異なりますが、一般的にブラウン系のブルーライト吸収タイプのレンズのほうがカット率は高い傾向にあります。そのため、ブルーライトカット率が高い吸収タイプのPCメガネは、目の健康のために良いと言えるでしょう。

クリアに見えるブルーライト反射タイプのPCメガネは、レンズの透明度が高いほど、ブルーライトカット率は低くなる傾向があります。

しかし、デザイナーなど、色を気にしなければならない仕事をされている方であるなら、透明度の高い、ブルーライトを反射するタイプのレンズを選ばれたほうが良い場合もあります。

また、フィット感は、どんなタイプのメガネを購入する際でも非常に重要なポイントになります。メガネをかけたときに、軽さとフィット感がちょうど良いメガネであれば、違和感を覚えることがないため疲れにくさが違います。PCメガネを選ぶ際には、メガネの幅や掛け心地などを確かめるために、試着をしっかり行うようにしたいですね。

まとめ

今回は、PCメガネの効果と選び方についてご紹介しました。PCメガネをかけることは、大切な目や体を守るために必要なことです。ブルーライトの人体への影響はまだ解明途中ですが、後悔する前にきちんと事前対策をしておくようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です